会話のトピックについて

日本語学習者から、日本文化について教えてくださいと言われたとき、あなたは、どれくらい日本についてお伝えすることができますか。

 

最近ちまたでよく耳にする言葉、SDGs(エス・ディー・ジーズ)

項目はたくさんありますが、その中に、

 

7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

11. 住み続けられるまちづくりを

12. つくる責任 つかう責任

13. 気候変動に具体的な対策を

14. 海の豊かさを守ろう

15. 陸の豊かさも守ろう

 

というものがあります。

 

学習者の質問は大まかなものから細かなものまで多種多様です。

大雑把に日本文化を教えてください、と聞かれたら、着物・漫画・アニメ・寿司など、その場で頭に浮かんでくるものを答えるかもしれません。

しかし、その後の会話はどのように続いていくでしょうか。

 

「着物はもっていますか?」

「もっていません。」

「そうですか。」

 

「漫画は好きですか?」

「はい。すきです。」

「何がおもしろいですか?」

「何でも好きです。」

「呪術廻戦はよみましたか。」

「いいえ。」

「七つの大罪はよみましたか。」

「いいえ。」

「・・・・。」

 

「寿司が作れますか?」

「いいえ。」

 

会話が続けば、学習者の会話力向上につながりますし、さらに日本に興味をもち、また、教えてくれる先生に対しても、尊敬のまなざしをむけてくれるかもしれません。

ところが、前述のように会話が途絶えてしまうと、モチベーションまで下げてしまうことになりかねません。

 

それでは、どのような話題であれば、会話をもたせつつも、文化をつたえることができるでしょうか。一例を挙げてみます。

 

「日本人はどのように寝るか知っていますか。」

「日本人はFUTONでねます。」

「はい。畳の上に布団を敷いて寝ます。」

「先生、アメリカにもFUTONがあります。」

「本当ですか。」

「はい。でも、私は、ベッドにシーツを敷いて、シーツの上にコンフォーターをかけて寝ます。」

「コンフォーターとはどんなものですか。」

「コンフォーターは布団とよく似ています。」

「先生も、布団でねますか。」

「私は、ベッドにシーツを敷いて、FUTONをかけて寝ています。」

「どうして畳で寝ませんか?」

「私の家には畳がありません。今の日本の家は、畳の部屋が減りました。それで、日本人もベッドを使うようになりました。でも、子供の頃は、畳に布団を敷いて寝ていました。起きたら、布団を干したり、たたんで、たんすに片づけます。大人になったら、仕事で忙しくて、布団を干す時間が減りました。」

「かたずけるのは大変ですね。」

「そうですね。ところで、ベッドはいつ日本にきたか知っていますか。」

「最近ですか。」

「いいえ、奈良に行ったことはありますか。」

「いいえ。」

「奈良時代、とても昔に、日本人ベッドがきました。」

「へええ。」

「ヨーロッパの歴史では、正義のベッドというものを知っていますか。ヨーロッパは、ベッドの上で、政治をしていたんですよ。」

「ベッドの上で政治はできませんよ。」

「フランスのルイ14世はベッドを48台も持って、ベッドの上で政治をしていたそうですよ。」

 

このように、話は延々と続いていきます。

 

SDGsは最近よく耳にする言葉ですが、これらの項目には、身近な住まいや、人、環境等が含まれており、日本人がそれらをどのように使用したり、考えたりしているのかを伝えるのにもってこいです。学習者にとっても、もちろん馴染みのあるもので、話しやすく、そこへ、歴史を織り交ぜると、対比から共通事項の発見、そして、お互いの未知の知識へとつながり、会話がより深くおもしろいものへと展開していきます。

 

先生は、学習者より、ほんの少しだけ興味をもって、先に、話題の下調べをしておくと、より、会話はおもしろくなります。

また、この会話の中で、未習語彙、未習文型があれば、そこからトレーニングも開始できます。

話題シラバスで、話題にお困りでしたら、是非、SDGsを用いてみて下さい。

「就職できる、日本語教師への道④」

 

ネガティブな「あるある不安」をポジティブに変えましょう!

 

①実は、日本語しか話せない。

⇒日本語を直接法で指導します。つまり、日本語を日本語で教えるのです。例えば、私たちが、アメリカに語学留学に行く場合、英語を英語で学びますよね。同じ感覚です。

 

 

②人前で、長時間話せるか自信がない。勉強を教えた経験がない。

⇒誰でも、話す内容が頭の中になければ、話せないものです。なので、授業で取り扱う内容を事前に準備しておけば大丈夫です。日本語学校で毎年、毎年、教科書が変わることはないので、まずは、ひととおり準備しておけば、翌年からスムーズに授業準備できます。

また、指導経験の無い方がほとんどですので、KECでは実践演習46回、教育実習12回で模擬授業練習をしっかり、積んで即戦力として実力をつけて戴きます。

 

 

 

声を荒らげる

皆さま、こんにちは。KEC日本語学院、七色の語り部こと、学院長の磯部です。

 

突然ですが、「大きな声を出すこと」を何と言うかご存知でしょうか?

そう、「声を荒らげる」ですね。ではこれ、何と読むでしょうか?

 

1「声を荒(あ)らげる」

2「声を荒(あら)らげる」

 

正解は、なんと!

2「声を荒(あら)らげる」なんです!ご存知でした?

 

文化庁の「国語に関する世論調査」によりますと、本来の言い方とされる「声を荒(あら)らげる」で使う人はわずか11.4%だそう。間違えて覚えている方が圧倒的に多いですね。

 

そんな日本語を改めて見直してみたい方、そして日本語を外国人へ教えてみたい方、日本語教師の資格を取って、国内・海外で日本語指導をお仕事にしてみませんか?

 

まずはお早目に相談会、説明会にお越しになられ、ご検討ください。

 

▶オンライン合格パックコースはこちら↓

https://www.jpns.kec.ne.jp/lp-jltct/

 

▶KEC日本語学院 HPはこちら↓

https://www.jpns.kec.ne.jp/

 

▶資料請求はこちら↓

https://www.jpns.kec.ne.jp/document.html

 

▶個別入学相談会はこちら↓

https://www.jpns.kec.ne.jp/document11.html

 

▶合同入学説明会はこちら↓

https://www.jpns.kec.ne.jp/briefing.html

国語と日本語

皆さま、こんにちは。

KEC日本語学院新宿校の関です。これからの季節、日本はジメッとした毎日が続きます。いつも思うのですが、こういう気候に慣れていない外国人の方々にとっては、より一層厳しく感じるのではないでしょうか?慣れない環境で暮らすって、大変ですよね。中国留学(北京)時代、とにかく空気が乾燥していて、ただでさえ敏感肌の持ち主の私はとても大変だった記憶があります。

さてさて、今回は普段日本で暮らしている我々にはわかりにくい【国語と日本語の違い】について、ご紹介したいと思います。日本語を教えると聞いて、「日本語しゃべれるから、大丈夫でしょ?」と思ったりするのですが、いわゆる「国語教育」と呼ばれるものと、私たちが専門にしている「日本語教育」とは、大きな違いがあります。

まずは、「学習者の背景」。一般的に国語を勉強するのは小学校からですが、クラスのほとんどがほぼ同じ年齢で、同じ出身地。そして保育園や幼稚園から小学校へ進んでいます。このように、ほとんど同じ背景を持つ人たち相手に授業をしていくことになります。一方、日本語教育では、国籍や年齢も違うし、学歴、経歴もそれぞれ違います。日本語学校の多国籍クラスですと、同時に様々な背景を持つ学習者相手に授業をします。この点は、大きな違いと言えると思います。

そして、「学習を始める時」の違いです。国語の勉強を始める時、基本的には、学習の初めの段階から「聞ける/話せる」人たちが相手となります。先生が授業の最初に「おはようございます」と言えば、ほぼ全ての人が「おはようございます」と返してくれるでしょう。しかし日本語の勉強を始める人たちは、全く話せませんし、聞けません。先生が「おはようございます」と話しかけても、クラスのほんの数名しか「おはようございます」を知らない状態かもしれません。そんな全く「ゼロ」の状態の人たちに、言葉を教えていくのです。ですから、【日本語教師】には、専門性が求められるのです。日本語教師養成講座では、こういう「通じない人」に、どうやって日本語を教えていくか、という勉強をします。

他にも、「義務教育か、義務教育じゃないか」とか、「母語であるかどうか」とか、いろいろな違いがあります。国語と日本語、日本語教師の勉強をする際、まず押さえておいてほしいポイントの一つです。

日本語を勉強している人が1番多い国はどこ?

皆さま、こんにちは。新宿校の関です。

いろいろ落ち着かない状況ですが、修了生の方からの就職報告も届くようになってきました。でも、ほとんどが国内の就職です。海外希望の方々からは、「こんな状況でしばらく動けないし、10月の日本語教育能力検定試験の勉強でもするか~」なんて声も聞こえてきます。

そこで今回は、日本語を勉強している人(学習者)が多い国をご紹介します。「国際交流基金」で3年に1回、海外の日本語教育機関の調査を行っており、直近では2018年の調査結果が公表されています。

さて、どの国が1位だったでしょうか?

※ここで注意!

日本語教育能力検定試験では、【学習者数】だけでなく、【教育機関】【教師数】

もあわせて問題が出ますので、チェックしておいてください。

  • 国際交流基金『海外の日本語教育の現状 2018年度日本語教育機関調査より』

皆さまの予想通り?1位は【中国】でした。1,004,625人で、前回の調査(2015年)よりも5万人増えていました。中国の大学入試(高考)で日本語科目が選べるということもあり、小・中・高の学習者が増えているそうです。そして【教育機関】と【教師数】も増えています。

2位の【インドネシア】は中等教育での日本語学習者が多いのですが、必修科目であった第二外国語学習が選択科目になったことで、学習者が減ったということです。3位の【韓国】も学習者が減少。少子化の影響とも言われていますが、やはりそれでも3位。【機関数】 や【教師数】も増えています。

 

そして注目は【ベトナム】。【学習者数】【教育機関数】【教師数】、全て大幅に増えています。KECの修了生も、ベトナムに就職される方は多いです。試験対策という点では、ベトナムに関する事柄は押さえておいた方が良さそうです。

試験本番まで約半年。なかなか手強い相手ですが、私達といっしょに頑張りましょう!

 

凄いぞ!! KEC日本語学院受講生&修了生

こんにちは。KEC日本語学院の間﨑(まざき)です。

私は主に京都校で学校の管理・運営や受講生の皆様のサポートに携わっております。

 

コロナ禍の今、みなさん如何お過ごしでしょうか?

何かと制約の多い中、自分が感染しない、他の人へ感染させないように気をつけて毎日お過ごしではないかと思います。

 

さて、このような状況下でも当学院の受講生&修了生の皆さんは着実に「就職決定」という結果を出してくれています。

今年だけでも早約60数名の方々が晴れて就職決定!!

 

なぜKEC日本語学院生は凄いのか? それは当学院の指導システムが他の養成講座とは異なるからです。

基礎理論ステージで知識面をみっちり指導&習得し、それを土台として実践演習、教育実習ステージで一人50回以上もの実技指導を行っております。これにより採用試験で課せられる模擬授業で実力を発揮&突破してくれております。

 

なぜ当学院では一人50回以上もの実技指導が可能なのか?
それは1クラス12名以下の少人数編成により一人ひとりの実力を伸ばす徹底指導を日々行っているからです。

 

只今、4月生募集中!! 途中入学も可能ですよ。無料個別ガイダンス(入学相談会)及び無料合同説明会(入学説明会)を開催しております。是非お気軽にご参加くださいませ。
完全予約制で実施しておりますので、お一人おひとりに寄り添い、じっくりとご相談に乗りますので、ご安心ください。

 

基礎理論は通学での受講は勿論のこと、オンライン動画視聴での受講も可能です!!

 

最後までお読み戴き、有難うございました。

コロンビアに5名就職決定!

皆さま、こんにちは。KEC日本語学院 七色の語り部こと、学院長の磯部です。

 

コロナの影響が長引く中ではありますが、KEC修了生の就職が、どんどん決まり出しております。中でも目を引くのが、コロンビアに一度に5名もの就職が決定したことです!

おー、すごーい、おめでとうございますー♪

 

写真の前列右から3番目の方が学院長先生で、KECに直接ご来校頂いたこともあるんですよ。私、直接お話しさせて頂きましたが、日本語がお上手すぎて、この学校のレベルの高さを目の当たりにした印象でした。

 

何枚かお写真も見せて頂いたのですが、コロンビアの方って、日本人とお顔立ちも似ていて、なんだか親近感が湧きますね (´-`*)

採用決定された5名は、今月と来月に分かれて順次出国されます。ぜひ、遠く離れた異国の地で、日本語を学ばれる学生さんたちに対面で、日本語を教え、日本を伝えて頂ければと思います。5名の皆さま、大いに楽しんでいらしてくださいね。

 

KEC日本語学院では、この方々を始めとするKEC修了生の皆さまのように、プロの日本語教師を目指す方を募集中です。詳細は、「無料個別受講相談(来校、電話、オンライン)」「無料合同説明会(来校)」へご参加ください。

 

▶「無料個別受講相談(来校、電話、オンライン)」

https://www.jpns.kec.ne.jp/form-guidance/

 

▶「無料合同説明会(来校)」

https://www.jpns.kec.ne.jp/briefing.html

 

最後までお読み頂き、有難うございました(^_-)-☆

 

さらに…KEC日本語学院では、日本語教育能力検定試験対策コースのお申し込み受け付けを開始しております。今年の受験をお考えの方はもちろん、いやー、考えてなかったわ、という方もぜひ、検定試験の勉強を始めてみてください。何かを始めなければ、何も始まりませんからね!

 

https://www.jpns.kec.ne.jp/courseken.html

2021年度検定対策講座の申込みが始まりました

皆さん、こんにちは。

今年の検定対策講座の申込みが始まりました!

 

最近は、「養成講座修了+検定合格」という資格を持つ人が増えており、4月頃から日本語教育能力検定試験の勉強をスタートする方がたくさんいらっしゃいます。

 

検定に合格するためには、文法知識、音声学、言語学、心理学、教育理論、第二言語習得理論……とたくさんの勉強をしなければなりません。

「この知識は現場で必要なの?」と思うようなことがあるかもしれませんが、それらの知識も教えるようになってから役に立つので頑張りましょう!

 

検定を受験するメリットは、幅広い知識を持つことで、なぜそのように教えるのか、なぜそうすると学びが起きるのかと理論を踏まえて実践することができる教師になることだと思います。

また、自分が学習者の立場になり計画を立ててきちんと努力した経験は、これから日本語教師になって教えていく上でも必ず役に立ちます。

 

私は、養成講座受講中に検定を受験しましたが、現場に出てから「検定を受験していてよかったな」と本当に思いました。

採用試験の際も「日本語教育の知識がある」「計画を立てきちんと努力ができる人物である」というアピールになったと思います(^^)

 

この試験の2020年度の合格率は、28%でした。(全科目受験者9,033人に対し、合格者は2,613人)

合格点は公表されていないため、正確な数字はわかりませんが、検定対策講座の講師の間では約70%以上の正答率であれば合格圏内と言われています。

最初は範囲の広さに驚くかもしれませんが、勉強すればするほど日本語教育について学ぶことが楽しくなりますよ♪

ご質問やご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください☆

検定合格に向けて楽しく頑張りましょう!

 

https://www.jpns.kec.ne.jp/document11.html

 

 

日本語教師の授業

こんにちは。KEC日本語学院新宿校の関です。

国家資格「公認日本語教師」の創設に向け、日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議が開催されています。私も毎回傍聴させていただいています。そこで現在議論されているのが、「日本語教育機関の類型化」についてです。「留学」「就労」「生活」という3つの大枠に分けるということなのですが、なかなか大変そうです。

ということで、私も意見は色々ありますが、難しい話はおいといて…

 

この類型化にも関係してくると思いますが、日本語教師という人は具体的に何をする人たちなのでしょうか?

「日本語を教える」のが日本語教師、ということですが、それだけだったら、教科書や参考書で、独学で勉強できそうな気がしませんか?

もちろん、日本語の授業の中では言葉の意味や文法のルール、そして動詞や形容詞の活用の形などをきちんと教えます。でも、日本語の授業における教師の腕の見せ所はここではありません。

 

じゃあ、その覚えた言葉や表現を使う場面ってどんな場面?この気持ちを伝えたい時は、どう言う?こんな気持ちの時、どう言えばいい?と、日本語を勉強している人たちがその言葉を使う(使いたくなる)であろう場面を紹介し、授業をしていきます。我々はこれを「場面設定」と言います。日本語教師は、勉強している人が遭遇しそうな状況を想像して授業を組み立てていくのです。

ここで大事なことは、「勉強する人のことを考える」ことです。勉強する人が実際に遭遇しそうな場面をきちんと提示できるかできないか、が授業のわかり易さに直結します。よく教師が自分の経験をもとに授業をすることもありますが、その場面がかけ離れていると、わかりにくい授業ということになってしまいます。

 

留学生のクラス授業でオフィス内の会話を紹介する。

日本人と結婚されて日本で生活している人に大学の場面を紹介する。

小さい子供に買い物の場面を紹介する。

 

別にダメ、ということではないのですが、あまり遭遇しそうにない場面だと、イメージしにくいです。

 

留学生だったら、アルバイトの場面

生活者だったら、市役所の手続きの場面

子供だったら、友達と遊んでいる場面

 

など、教える相手によって授業の構成を考えてほしいと思います。そうすることで実際にその言葉、表現が使えるようになり、日本語を使って「できること」が増えて来ます。この「できること」を増やしてあげるのが、日本語教師だと思います。

そのためには、まず教える相手のことに興味を持ってほしいです。普段どんな生活をしているのかな?どんなことに興味を持っているのかな?好きな食べものは何かな?など、少しずつ、授業の中で情報を集めていきます。「ワンピース」は人気がある漫画(アニメ)です。でも、日本人でもそうですが、全員が興味を持っているわけではありません。授業で紹介したけれど「見たことない」と言われてしまったら…。ですので、場面設定は、2つか3つ、用意しておいた方が無難です。私は授業の際は、5つぐらい紹介しちゃいます。どれか1つの場面でも「うん!!!」ってのがあれば、それでわかってもらえるからです。

最後はちょっとテクニックっぽい話になってしまいましたが、とにかく、教える相手のことを見て、その人にとって必要なことを教えてあげるというのが大事だと思います。

 

コロナ禍の今だからこそ!!

こんにちは。KEC日本語学院の間﨑(まざき)です。

私は主に京都校で学校の管理・運営や受講生の皆様のサポートに携わっております。

 

コロナ禍の今、みなさん如何お過ごしでしょうか?

何かと制約の多い中、自分が感染しない、他の人へ感染させないように気をつけて毎日お過ごしではないかと思います。

 

さて、このような状況だからこそ日本語教師を目指すには今がチャンス。

コロナが終息へ向かうと、以前の様に日本語教師募集求人がかなり増えてくると予想されます。そうなってから資格取得に向けての勉強を始めると時間がかかりますよね。

今勉強を開始し、資格を取得しておいて、終息へ向かう頃にはすぐに万全の態勢で就職活動に取りかかれるように今準備を始めておくのが賢明ですね。

 

人生は一度きり。あの時やっておけば・・・と後悔のないよう。「思い立ったが吉日」ですね。

 

KEC日本語学院には日本語教師を目指される皆さまを全力でサポートさせて戴くため、以下の特典がございます。是非この機会にご利用ください。

【早期申込割引制度】

2021年3月20日(土)迄に420時間以上をお申込(予約)の方に限り、入学金(22,000円)を全額免除させて戴きます。

 

只今、無料個別ガイダンス(入学相談会)及び無料合同説明会(入学説明会)を開催しております。是非お気軽にご参加くださいませ。完全予約制で実施しておりますので、お一人おひとりに寄り添い、じっくりとご相談に乗りますので、ご安心ください。

 

4月期受講生募集中(基礎理論は通学での受講は勿論のこと、オンライン動画視聴での受講も可能です)!!

最後までお読み戴き、有難うございました。