実に、全受講生の90%が国内・海外で就職決定。
日本語教師を目指すならKEC

日本語教師を目指すならKEC日本語学院

日本語教師海外体験セミナー最新情報
TOP>日本語教師体験セミナー>vol.82-83

vol.82 澤井先生の国内日本語教師 体験セミナー

日程&会場(各会場16名定員)

4月1日(土)
梅田本校 10:30~12:30
神戸校 14:30~16:30
4月2日(日)
枚方本校 10:30~12:30
京都校 14:30~16:30

セミナーお申込み方法

日本語教師海外体験セミナーご参加特典として 入学金21,000円免除
(※420時間コース以上にお申込みの方に限ります)

日本語教師体験セミナー<今回のテーマ>

①日本語教師デビュー迄
②体験談(国内)
③授業での苦労と楽しみ方
④日本語教師を目指す方へ
※セミナー終了後、希望者のみガイダンスを予定しています。

皆さん、 こんにちは。
「日本語教師 体験セミナー」シリーズも 82 回目を迎えます。今回は、昨年の体験セミナーで大好評を博したKEC修了生・澤井先生の日本語教師体験談、第二弾です。「異業種から日本語教師へ」転身された貴重な体験談を話して戴きます。  近年、国内外の日本語学校・日本語関連施設は深刻な日本語教師不足の状態にあります。「異業種からの転職の方」「シニア・主婦の方」「新卒の方」等、日本語教師という仕事に興味のある方は是非、ご参加ください。「どうすれば日本語教師になれるの?」等の質疑応答の時間もご用意しております。

日本語教師プロフィール

澤井先生

短大卒業後、 オーストラリアに留学し国際ビジネスを学ぶ。帰国後、旅行会社カウンター業務・鉄道系会社受付等の接客業を経て、某有名事務所に所属。イベントMC・セミナー司会・ナレーション・TVレポーターとして活動する傍ら、マナー講師としても、「ビジネスマナー」「電話応対」「クレーム応対」等幅広い講座を担当。2013年にKEC日本語学院に入学し、「日本語教師」の資格を取得。現在は、大阪市内の日本語学校にて週4日勤務し、「初級」「上級」「ビジネス日本語」「ビジネス・プライベートレッスン」を担当。併せ、イベントMC・セミナー司会・ナレーション・マナー講師としても活躍中。
    ~メッセージ~  日本語教師への転身を決意し、全く「無」の状態でこの世界の扉を叩きました。職業柄「日本語」を話すことには慣れていましたが、正直、「日本語」「国語」は、学生時代から苦手だった私。仕事をしながらの通学で、どのように時間を作り、どのように「日本語教師」になっていったのか?皆様にお伝えしたいと思います。少しでもご興味のある方、是非当日お会い致しましょう。
TOP>日本語教師体験セミナー>vol.83

vol.83 赤穂先生・関先生の日本語教師体験セミナー

日程&会場(各会場16名定員)

4月2日(日)
新宿校 13:30~15:30

セミナーお申込み方法

1.参加希望の方はご予約の上ご来校下さい。 
2.お申込は、参加希望の各校へ電話にてお申込み下さい。
[新宿校] TEL. 03-6890-7007

日本語教師海外体験セミナーご参加特典として 入学金21,000円免除
(※420時間コース以上にお申込みの方に限ります)

赤穂先生・関先生の国内 日本語教師体験セミナー

①多様化する日本語教師の活躍の場
②修了生の就職状況
③日本語教師という仕事
④体験談(日本語パートナーズ・国内日本語学校)
⑤日本語教師を目指す方へ
⑥質疑応答
※セミナー終了後、希望者のみガイダンスを予定しています。

「日本語教師-世界で活躍」体験談シリーズも83回目を迎えます。 新宿校の関所長が、1年間のKEC修了生の就職状況から、?今”の日本語教師の仕事についてお話します。国内の法務省認定校が「600校」を超え、増加している日本語学校。その実態は?教師の年齢は?キャリアは?収入は?など、現在の日本語教師という仕事について、修了生のケースをもとにお話します。また、KEC修了生の赤穂先生に、気になる日本語パートナーズでの体験談や、現在の日本語学校でのお仕事について、ありのままにお話いただきます。質疑応答の時間もたっぷりあります。日本語教師という仕事に少しでも興味のある方は、是非お気軽にお越しください。

日本語教師プロフィール

赤穂先生

県立広島女子大学(現 県立広島大学)卒業。30歳の時にワーキングホリデーでニュージーランドへ渡航したことをきっかけに国際交流に興味をもつ。ニュージーランド後、東南アジア旅を経て、33才で帰国。海外で働ける技術を身につけたいと思い、タイ・マッサージにも手を出すが、34才のとき日本語教師の資格を取る。国際交流基金の日本語パートナーズ事業に参加し、インドネシアへ6か月派遣。現在は新宿の日本語学校で奔走する日々を送っている。
関先生

北京師範大学経済学部を卒業後、直接外国人と触れ合える仕事を求めKEC日本語学院に入学。働きながら420時間コースを修了し、大阪の日本語学校へ就職。毎日の日本語の授業は勿論、海外への学生募集業務、進路指導、生活指導などの日本語学校の仕事全般、教師の採用も担当。国内、海外の事情に幅広く精通している。現在はKEC日本語学院新宿校所長として、新しく日本語教師を目指す方々を、日々全力でサポートしている。