国内・海外へ  1,566名のプロ日本語教師を輩出するスクール
日本語教師を目指すならKEC

日本語教師を目指すならKEC日本語学院

日本語教師海外体験セミナー
TOP>日本語教師体験セミナー>vol.28
VOL.28  日本語学習が最も盛んな国-韓国&オーストラリア

      -印藤先生・坂本先生の海外日本語教師-体験談-
■日時・日程
 日程&会場(各校先着12名様まで)
<韓国-体験談>
6/30日(土)
枚方本校 
京都校  
10:30~12:30
15:00~17:00
<オーストラリア-体験談>
7/1(日)
梅田本校 
神戸校  
10:30~12:30
14:30~16:30
体験談-参加特典:体験談にご参加して下さった方は『入学金免除』いたします。
(日本語教師養成講座420時間コース以上にお申込みの方に限ります)
※参加希望の方はご予約の上ご来校下さい。 
※お申込は、参加希望の各校へ電話にてお申込み下さい。
●梅田本校 : 06-6347-5226 ●枚方本校 : 072-841-8004
●神戸校 : 078-327-7733 ●京都校 : 075-254-1980

■海外日本語教師-体験談 内容
1 私が日本語教師になるまで?
2 韓国・オーストラリアの日本語教育
3 日本語教師の「苦労」と「楽しみ」
4 日本語教師だからできること
5 日本語教師を目指す方へ

皆さん、こんにちは。
「日本語教師―海外で活躍」シリーズの28回目。

日本語の学習者数が最も多い2つの国、「韓国」と「オーストラリア」の体験談を同時開催します。この両国の共通点は、高校での第二外国語として選択されている率が、フランス語・ドイツ語・中国語を抑えてともにトップで、日本語が超人気の国だということです。

日本語学習者数が50人に一人と言われる程、学習者の多い韓国の体験談を卒業生の印藤先生に、また日本人が住みたい国として人気絶頂のオーストラリアでの体験談を、同じく卒業生の坂本先生にあますところなくお話していただきます。

海外での日本語教師の魅力を存分に感じていただきたいと思います。

学生・同僚の先生と

■日本語教師プロフィール
印藤裕美子 先生

短期大学卒業後、銀行・旅行会社勤務を経て、2005年4月KEC日本語学院に入学。韓国に語学留学することが決まっている為、留学中に韓国の人に日本語を教えることができたら…と思ったのが入学のきっかけ。2005年12月日本語教師養成講座修了。2006年3月から1年間、韓国・西江(ソガン)大学韓国語教育院に留学。日韓文化交流センターやプライベートで日本語を教える。2007年2月卒業、3月帰国。現在、佛教大学文学部人文科学日本語日本文化コース3回生に編入し、日本語の基礎から再度勉強中。
   
坂本恵理 先生

大阪府高槻市生まれ。関西学院大学文学部卒業後、3年間の会社勤務を経て、KEC日本語学院入学。養成講座を開始して6ヶ月目に受験した、神戸日豪協会の日本語教師派遣プログラムに見事合格。また12月にほ日本語教育能力検定試験合格と同時に日本語教師養成講座420時間コース修了。オーストラリアでは伝統ある私立寄宿学校、Geelong Grammar Schoolで日本語教員として小学生から高校生までの日本語指導を担当。1年の契約を終え、現在は大学院で英語学と日本語学を研究中。
HOME ページトップ